技術情報 促進酸化水処理技術に適した原水の汚染濃度範囲

ホーム > 技術情報 > 促進酸化水処理技術に適した原水の汚染濃度範囲

水処理

促進酸化水処理技術に適した原水の汚染濃度範囲

SSなどの浮遊成分は紫外線(UV)の透過率を大きく妨げます。炭酸イオンなどはヒドロキシラジカルを無効消費する妨害物質(スカベンジャー)です。この両者はAOPの前に除去する必要があります。妨害物質でなくても高濃度の汚濁の処理にはAOPは効率が悪いため、他技術の前処理で濃度を低下させることにより、全体の浄化効率を高めることも大切です。反面、光酸化は低濃度領域では高い効果を示します。
汚染濃度(ppm)