トピックス・報道情報 CEマーキングを取得しました。

ホーム > トピックス・報道情報 > CEマーキングを取得しました。

CEマーキングを取得しました。

卓上型光表面処理装置
灯具:PL16-110B-1
電源:UE1101AR-4
ブロワー:MB1225-B

当社は初めて上記製品で、1999年12月31日にCEマーキングの認定を受けました。
◆ CEマーキングとは
EU(欧州連合)域内へ輸出される製品に対して、使用者及び消費者の健康と安全を保護するEC指令に対応した製品であることを示すものです。 EU域外からEU域内に輸出される製品に貼付けを義務付けられており、これが貼付けられているとEU域内での自由な流通が認められます。 CEとは仏語で、CommunauteEuropeenne(欧州共同体)の頭文字を取っています。
◆ CEマーキングの目的
EU域内の各国ごとにバラバラに存在していた安全規制を統合し、安全が保証された製品の流通を円滑にすることにあります。 従来は国ごとに安全規定の範囲やレベルがまちまちなため、メーカーは輸出先によって製品仕様を修正しなければなりませんでした。 このことは長い間メーカーの負担になってきたと同時に、EU統一市場のメリットを生かしきれないことになります。 そこで、欧州連合委員会は機械・医療品・おもちゃ等、製品カテゴリー別に域内各国の安全規程を調整し、一本化させる作業をしています。 この共通規格を作成するために欧州連合委員会から指令(EC指令)が出されました。 この指令を総称して『ニューアプローチ指令』と言います。 この『ニューアプローチ指令』が発した条件を満たす製品には、この条件に適合したことを示す『CEマーキング』の表示が義務付けられ、 表示された製品はEU域内での自由な流通が保証することが定められています。
◆ CEマーキングを取る目的
接着性向上を目的とする、UV/オゾン法によるプラスチックスやガラスの表面処理技術は、意外なことに日本が世界の中で最も進んでいます。 当社はこの分野に専門化したリーディングカンパニーで、紫外線光源から装置までを自社で開発・生産しています。 UV/オゾン法は他の工法にはない優れた力があり、特に集積度が高く微細化工を必要とする先端技術製品に適しています。 この魅力的な技術を世界に広め且つ企業の業績を上げるため、技術の進んだヨーロッパに製品を輸出することを願っています。 その目的を達成するために最低必要なことがCEマーキングを取ることであります。