会社案内Company

会社概要

社名セン特殊光源株式会社
資本金2,560万円
本社/ランプ工場〒561-0891 大阪府豊中市走井1-5-23
TEL.06-6845-5111  FAX.06-6857-3468
役員菊池清(代表取締役)
石黒省三(常務取締役)
菊池清一郎(取締役)
取引銀行三井住友銀行豊中支店
商工中金梅田支店
中小企業金融公庫大阪支店
所属団体一般財団法人大阪科学技術センター
一般社団法人大阪ニュークリアサイエンス協会
大阪商工会議所
大阪府研究開発型企業振興協議会
社団法人照明学会
社団法人日本水環境学会
社団法人表面技術協会
日本オゾン協会
日本紫外線水処理技術協会
日本水景協会
日本防菌防黴学会
光化学協会
ラドテック協会

沿 革

1965年(昭和40年)7月1日、千里山(センの名前の由来です)の関西大学前において「ガスレーザー装置」の開発・製造を目的に会社設立。資本金160万円
1966年(昭和41年)HeNeガスレーザー、CO2ガスレーザー、CNレーザー、Arレーザー、を一通り開発したが、時期が早すぎ商品化にいたらず
1973年(昭和48年)国産では最大級の低圧水銀ランプ(SUV110D)を開発。このときから紫外線の分野にかかわる
1975年(昭和50年)大阪府新技術新製品開発補助金を受けて、低圧水銀ランプを応用した紫外線オゾン同時発生管を開発
1976年(昭和51年)紫外線オゾン併用水処理装置(ユーゾン)を開発。このときから水処理分野に参入
1983年(昭和58年)神奈川県工業試験場が開発した「排水の光オゾン酸化処理装置」の実用新案実施権を、県から取得。水処理装置の比重が高まる
1984年(昭和59年)大阪府先端技術産業育成融資を受ける
テーマ:半導体などの製造プロセス用遠紫外線光源システムの開発。このときから光表面処理分野に参入
1985年(昭和60年)増資 資本金640万円となる
1987年(昭和62年)通産省から、技術改善補助金を受ける
テーマ:光オゾンによる用排水中の有機塩素化合物の除去
1988年(昭和63年)現本社工場を建設
1995年(平成7年)増資 資本金2,560万円となる
大和銀投資育成株式会社引受で、4,800万円の転換社債発行
1997年(平成9年)3月1日、本社工場から徒歩2分の場所に、機器工場としての第2工場を開設
1998年(平成10年)大阪営業所を、本社工場から機器工場同所に移転。本社工場はランプ製造専門の工場となる
1999年(平成11年)12月 大阪府より創造的事業活動促進法の認定を受ける
2000年(平成12年)2月 CEマーキング取得
4月 ミニ・バイオクリーンの発売開始
10月 機器工場内にクリーンルームを新設
11月 特許取得:【金属表面の改質方法】
2001年(平成13年)1月 東京営業所開設 5月 ISO14001を取得
7月 (財)大阪産業振興機構から、産学共同研究事業補助金を受ける
テーマ:超音波装置と紫外線・オゾン分解装置を組みあわせた新しい脱色システム
2002年(平成14年)9月 中小金融公庫 成長新事業特別融資先に選定される(2002年大阪第一号)
2003年(平成15年)独立行政法人産業技術総合研究所と産官学共同研究開発を行う
テーマ:真空紫外線接着装置の実用化研究
期 間:平成15年4月1日~平成16年3月31日
2005年(平成17年)大阪大学先端科学イノベーションセンターと放電管にかかわる新技術開発の共同研究契約を結ぶ
2009年(平成21年)11月 東京営業所を閉鎖して、東京出張所開設
2012年(平成23) 10月 卓上型エキシマ装置の販売開始
2015年(平成26) 中小企業庁からものづくり・商業・サービス確認事業にかかわる補助金を受ける
テーマ:洗浄・改質に用いる極紫外光源の開発および生産体制の構築
2016年(平成27) 大阪府よりものづくりイノベーション支援プロジェクトに採択される
テーマ:洗浄・改質に用いる極紫外光源搭載光表面処理装置の開発
2017年(平成28) 大阪府よりものづくりイノベーション支援プロジェクトに採択される
テーマ:パルス発光により殺菌を行うXeフラッシュランプ搭載紫外線殺菌装置の開発
2018年(平成29) 大阪府よりものづくりイノベーション支援プロジェクトに採択される
テーマ:深紫外UV-LED搭載紫外線流水殺菌装置の開発